本文へスキップ

奈良の地域風土に合った高気密・高断熱住宅をお手頃価格で建てる|注文住宅|ZEHビルダーの高栄ハウジング有限会社

mixiチェック  水曜・木曜定休 営業:朝9時〜夜7時 


高栄ハウジング有限会社HOME
 > ZEH(ゼロ・エネルギー・ハウス)をお得に建てる









ZEH(ゼロ・エネルギー・ハウス)目標


以下の目標を掲げ、全社を挙げてZEH普及に取り組みます。



※高栄ハウジング有限会社ではBELS工務店として住宅の「BELS」認定(省エネ認証)を積極的に進めていきたいと考えています。

【1】ZEHの周知・普及に向けた具体策

弊社にお問い合わせいただいた全てのお客さま、お会いした全てのご家族に、
YKK AP社パンフレット「樹脂窓シリーズZEH編」と「マドコト」を用いてZEHのご説明をいたします。

住宅をZEHにすることで、冷暖房の効きやすい空間による光熱費の節約や、ヒートショックの予防・
アレルギー症状軽減などに対する健康快適性向上、地球環境保全及びCO2削減、
ライフサイクルコストの削減が成し遂げられるとお伝えし普 及促進いたします。

工期の調整が取れる方には、更に掘り下げて経済産業省の補助金の概要をご説明し、
1棟でも多く経済産業省ZEH補助金の交付を受けて、
お施主さまにメリットが出るよう全社を挙げて取り組みます。

また、弊社ホームページやブログ、Facebook、twitter、等でも
ZEH補助金やZEH普及 を呼び掛け、弊社施工エリアでZEHの認知アップに全力を注ぎます。
実際にZEHにお住いの方の声をお聞きし、
以前の住まいと比較してどのように生活スタイルが変化したかをまとめ、
ZEHの優位性を消費者に示します。

【2】ZEHのコストダウンに向けた具体策

電気ヒートポンプ給湯器やガスエンジン給湯器、ヒートポンプ・ガス瞬間式併用型給湯器、
燃料電池、リチウムイオン蓄電池、太陽熱利用システム、太陽光発電パネルのような
「将来的に入替が必要な住宅設備」に主なコストを掛けるのではなく、
屋根・壁・床の断熱材やサッシなど
「建物が存在する限りその効力を発揮し続けるもの」に最大限予算を回します。

断熱材の性能値や厚さの検討、方位を考慮したサッシの仕様やガラスの選定を行った上で外皮計算を行い、
ベストなバランスを見つけ、コストパフォーマンスが良い組合せのものを選定し、
「出来る限り住宅設備に頼らないZEH」に取り組みます。

主たる居室に階段を取る際は階段と主たる居室を仕切る建具を入れることを提案したり、
出隅入隅の少ない間取りにしたりすることでUA値を上げ、必要な創エネ設備を最小限にいたします。

またサッシなど新製品が出たものについては都度見積もりを取得し、
よりコストパフォーマンスが高いものから採用していく所存です。

【3】その他の取り組みなど

ZEHや省エネ基準にはない高気密住宅に取り組みます。

全棟で気密測定し相当隙間面積C値1.0以下の住宅を供給します。
C値1以下になることで、エアコンで十分冷暖房 することができるようになり
冷暖房エネルギー消費量を抑えます。

また換気システムも計画通りに働き、壁体内結露を抑制できるので躯体の長寿命化を実現し、
結露によるカビやダニによるアレルギー・病気を防ぎます。
高気密・高断熱住宅に住まわれる方に、
冬場の日射取得や夏場の日射遮蔽など、高性能住宅の上手な住まい方を丁寧にご説明いたします。

住まわれて1年後、実際に住まわれた感想やアンケートをいただくことで、改善及び更なる向上に繋げて行きます。

平成28年度経済産業省ZEH補助金2棟、
平成28年度経済産業省ZEH普及加速事業補助金2棟、
国土交通省の「住宅のネット・ゼロ・エネルギー化推進事業」の実績が平成24年度1棟、
平成25年度3棟、平成26年度3棟、
国土交通省「地域型 グリーン化事業 高度省エネ型」では、
平成27年度3棟、平成28年度3棟、平成29年度1棟、
補助金を有効活用しております。